複数主体

【未完成版】Eli Lilly and Company v. Teva Parenteral Medicines (Fed. Cir. 2017)

本判決は、いわゆる複数主体の関与する特許権侵害、さらには間接侵害を扱っている*1。結論として、裁判体*2は全員一致で、被告=被疑侵害者の間接侵害を認めた。本件の対象特許発明が複数の薬剤の投薬方法の組み合わせである方法クレームであるところ、 この…